株式会社 安理技研
人が人らしく輝いて生きる、良き時代のために
安理技研は「技術・技能」、「科学」によって社会に貢献することを目指しています
SUI-01とはなにか

 ハードウェアはARM CPUに外部に計測用のAD,制御用のDAをつけた汎用制御ボードです。
動作を簡単に説明すると、数十μsecの等間隔でセンサー等の信号をAD変換し、必要な計算処理を行い、
  DA にて制御すべき電圧を出力するだけのボードです。

最新のデバイスを使い、高性能、高機能な回路を安価に達成してるのが、将来の制御装置との違いです。

sui-01 の最大のメリットはここにあります。

 パソコンで制御装置からデータを吸い上げを計算し、
制御装置にあたらしいデータを送るというフェーズを無くす事により
より、リアルタイム性の優れた制御を可能としています。







SUI-01はなにができるか

ベースになるのは, 数10μsec での、 高速サンプリングによる、計測と制御です。
計測されたデータの処理として、 基本的な処理ルーチンが準備されています。


1)フィルタ

   IIR、FIRフィルタによる、
  ローパス、バンドパス、ハイパス等の処理

2)PID制御

    基本的なPID処理ルーチン。
   (D制御は、完全微分、不完全微分をサポート)

3)信号発生

   指数関数を使った基本波形、重畳波形
   任意波形

4)定常波試験においての各種演算

   P-Pサーチ
   基本波計算
   RMS計算
   位相計算


5)6座標変換

6)サンプリング時間に合わせて、
   その状態にあわせて、タイミング信号などを出す処理。


7)I/O処理

   高速な計測と状態監視による、異常停止など出力処理


8)上位のパソコン等との連携。

    制御指示、状態監視、測定データ、
   制御データなどの受け渡し




 非常に硬いものをショックレスに制御する。

 特性が変わっていくものを、安定して制御する。

 高速サンプリングした計測データをファームウェアで演算処理し、
 すぐに制御データを修正することが可能なために、
 今までにはできなかった高速な制御ができます。




















具体的にできること


耐久加振

共振点を含む試験で、特性が大きくかわ る試験では、計測データの評価を行い、
ゲイン等の係数を動的に変化させるとこ とにより、迅速な制御、安定した制御を
可能にします。



性能試験加振

ファンクションジェネレータ
単なる波形発生でなく、AD,DIOの状態 により、意図する任意の波形を発生しま す。



モーションコントローラ

計算のための各種パラメータをファーム に送り込み、ファームウェア内で、座標
変換計算を行い制御します。
SUI-01 を 2枚以上を使うことにより、 多軸制御も可能です。
(最大16台)



位置制御

電動、油圧アクチュエータのPID処理 を含む制御


SUI-01を使った構成

1)SUI-01を1台使った構成
  A)SUI-01 <= USB => WindowsPC
    (位置制御など、SUI-01単独でも動作するシステムも可能です)

  B)SUI-01 <=USB=>  Linuxマシン <=LAN=>  PLC,WindowsPC
    (パソコンによる遠隔処理、PLCと連携が可能です。)

2)SUI-01を2台以上使った構成

  C)SUI-01-01 <= USB => Linuxマシン <==> PLC,WindowsPC
    SUI-01-02
    SUI-01-03
    SUI-01-04
      ↓
    SUI-01-16 <=USB=>
    LINUXマシンは用途により、NUC、Raspberry 等を使用します。





SUI-01はなぜ、生まれたか?


開発依頼のあった案件で、市販されてる汎用AD/DAでは、問題解決できない範疇のものがあり
その開発に、専用ハードウェアを作成し、ファームウェアも専用に開発する案件が幾つかありました。

その都度に専用のハードウェア、ファームウェア開発し多大なコストがかかりました。
コストの都合で断念せざる得ない案件もありました。

そういう状況の中で、構想し開発しました。

問題解決のためには、かなりの共通項があり、それを網羅するハードウェアの開発。
パソコン等の上位で解決してきたものを、ファームウェアの形で実現します。
上位のパソコン等からは、計測、制御の指示、管理を行います。(より高等な科学技術演算が必要なときのみパソコンで実現)



SUI-01で特にこだわったこと。


確かな制御は、正確な計測から始まります。

ADのこだわり。

安定、正確なAD,DAの動作のための、電源のこだわり。

ファーム作成においては ショックレスで、迅速な制御。

例) 30-60波形接続



SUI-01に関するお問い合わせ